相場哲学

僕のトレ-ドスタイルについて

1 日足を基にして直近高値と直近安値が決まります。

2 相場が直近高値を超えたら買いで、直近安値を割ったら売ります。

3 相場が直近高値と直近安値の間で推移している時はトレ-ドしない!以上です。

直近高値と直近安値はブログで公開しています。買いも売りも逆指値で注文していますし、それが約定したらUタ-ン注文で損切の逆指値も注文しています。

流れが変わる(上昇→トレンドレス 下降→トレンドレス あまりないけれど、上昇→下降 下降→上昇)までは建て玉を維持します。

トレンドレスと判断する基準はいくつか持っていますが、簡単にいうと上昇の割に反落が大きすぎるか、下落の割に反発が大きすぎる時です。

トレンドレスとなるポイントもその都度ブログで公開しています。

 

トレ-ドスタイルを定義したことで、感情的なトレ-ドがなくなりました。(儲けもでるようになりました。)

たとえば、トレ-ドで負けた時にすぐに損失を取り戻そうとして、仕掛けるポイントでもないのにトレ-ドをする。そして、夜中の3時までほとんど動かない相場を眺めながら人生で最も大切な時間と資金を失っていく。

ということはなくなりました。

トレ-ドスタイルを定義することで、相場を確率で考えることができるようになりました。これがトレ-ドスタイルを定義することの最大の利点です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。
1回ずつポチットしていただけるとブログ更新の励みになります。よろしくお願いします


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村