相場哲学

ノ-ポジションの意味

 

ノ-ポジションはチャンスを逃しているのではないか?

トレ-ドを始めたころの僕は、常に相場に参加していないとチャンスを逃すような気がしていました。売り持ちでいることが懸命でないなら買うべきだし、逆もまた同じではないかと・・・・。

自分が相場で何をしようとしているのかがわかっていない。

そして、ある日大事なことに気付きました。「自分が相場で何をしようとしているのかが、自分でわかっていない。」

相場に参加する人は誰でも、「相場で儲ける」という目的があります。僕ももちろんそうです。相場に参加する動機は自分でもわかっています。ここまではオッケ-です。

問題はそのあとです。「それで、相場で儲けるために自分は相場で何をしようとしているのか?」という自問に答えられなかったのです。

トレ-ドした理由を後付で考える。

負け続けているころの僕は、ポジションを作ってから後付けで、トレ-ドの理由を考えるということを繰り返していました。

自分では自分のトレ-ドスタイルを持っているつもりでした。けれど実際やっていることは、やみくもに思いつきでトレ-ドしていただけだったのです。

自分のトレ-ドスタイルを数字で定義する。

ようやく「自分が相場で何をしようとしているのかを考える」ということができました。

自分が相場で何をしようとしているのかを明確にできるようになって、自分の仕掛け、手仕舞いのタイミングが数字で定義できるようになりました。

ノ-ポジションの意味

僕ののトレ-ドル-ルを過去の日経225先物デ-タと突き合わせて検証してみました。

そうすると僕のトレ-ドスタイルでは売りでも買でも損する確率が高いタイミングがあることに気付きました。そういう時は取引しない。以上。これがノ-ポジションの意味です。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます。

マウスの真ん中のコリコリでクリックしていただけると幸いです。

 


人気ブログランキング

にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225ミニ先物へ
にほんブログ村