ポジション

10.31 リアルタイムポジション

10.31 23:00現在 ノーポジション

現在の動きは、下落相場の戻りと考えています。

今回の戻りが大したことないのを確認して、直近安値20790円を割り込んだら売りたいと思います。

シグナルが出るまでは注意深く相場を観察するのみです。過去には待つことができずに相場がシグナルを出す前に仕掛けてしまうことが多々あり、ずいぶん高くつきました。

シグナルが出る前に仕掛けてしまうのは、シグナルとノイズの区別がつかないからというより、儲けるチャンスを逃してしまうという焦りからくるものでした。

例えば現在の動きで言うと、20790円を割り込んでから売って、それが思惑通り下げて19790円で利食いできたとします。今すぐ21800円で売れば利益はより大きくなります。

もっと厄介なのは、20790円を割り込んでから売って、その後相場が上昇トレンドとなり21500円で損切することになった場合でも、今すく21800円で売っていれば損失が利益になるということです。

この2つのチャンスを逃すほとんど恐怖とも思える焦りから、相場がシグナルを出す前に仕掛けてしまっていたのです。

過去の日経先物デ-タを分析から今の相場で僕がわかっていることは、直近安値である20790円を割った時に相場は下降トレンドに戻り、そのまま下がり続ける確率が比較的高いということだけです。

確率的に優位かどうか確認できていない状況で仕掛けるのは、ギャンブルになってしまいます。日経先物でギャンブルをしたいというなら、僕の経験からそれは地獄の入り口だと断言できます。