ポジション

11.1 リアルタイムポジション

11.1(木)   22:30 現在 ノ-ポジション

昨日の安値21555円にタッチしましたが、そこからは21730円まで反発してます。

このまま相場が21940円を超えるなら上昇トレンドへ転換となります。逆指値を21940円を超えたところに置きました。21940円を超えたら買います。売るのは直近安値の20790円を割った時です。

それまでは待ちです。この状況であれば売りも買いも逆指値で発注している状態です。もちろん損切の逆指値もUタ-ン注文してあります。注文が通るまでは待ちです。

確率的に優位ではないときに仕掛けるのはギャンブルです。確率的に優位かどうかは過去の日経225先物のデ-タで検証します。過去の日経225先物デ-タはこちらのサイトを利用させていただいてます。本当にありがたいサイトです。

汲めどもつきない無尽蔵/日経225先物分足デ-タ

http://www.mujinzou.jp/

勘違いしやすいところなんですが、「確率的に優位」とは勝率のことを言っているのではありません。たとえ1勝9敗でも1勝の利益が9回の損失を上回るのであれば、それは確率的に優位と言えます。

逆の場合、つまり9勝1敗でも9回の利益を1回の損失が上回るのであれば、仕掛けてはならないのです。

しかし、我々の文化は勝ちに異常にこだわりますし、我々の脳は不合理なほど損失が嫌いなようです。

利益が出始めると、明日には損失がでるかもという恐怖心から早々に手仕舞い、小さい勝ちを積み重ねる。そしてある日損失が出始めると、最初の小さな損失を避けて勝ちにこだわるがあまり、取り返しのつかないほど損が出るまで手仕舞いできない。

このようなトレ-ドスタイルで貴重な資金をあっというまに失ってきました。相場の授業料は本当に高いです。